トップページ 知る・楽しむ 若手社員奮闘記

知る・楽しむ

若手社員奮闘記1

次へ

 第一衛材一年目、一歩ずつ知識と経験を積んでいます

 プロ用吸収体事業部 企画推進担当
 穴水 宏和


 はじめまして。プロ用吸収体事業部 企画推進担当 穴水と申します。

 2011年に入社し、第一衛材の仲間になって1年が経とうとしています。

 入社前研修で学生から社会人に気持ちを切り替え、いざ4月1日の入社式。新入社員全員が非常に緊張した1日でした。翌日からは新入社員研修が始まりました。約1ヶ月間、各部署の仕事を実際に体験しながら学びました。工場で生産ラインを見たり、新商品の試作を行ったり、営業に同行したりと毎回緊張してばかりでした。

 今では「プロ用吸収体事業部 企画推進担当」に配属が決まり、主に産業資材製品の製品企画に携わっています。製品企画の仕事は、今ある製品の改良、新製品試作、営業支援データの作成など多岐にわたります。1つの製品を作るためには、資材調達から工場でのサンプル取りなど様々な部署と連携をとる必要があります。何度も打ち合わせを繰り返し行うことで1つの製品が出来上がります。

 今はまだ分からないことばかりですが、素直に「ここが分からないです。教えてください」と言うと、しっかり丁寧に教えてくれる先輩方ばかりです。教えてもらったことはすぐに吸収できるよう、必ず1日の終わりにその日をふり返るよう心がけています。「ここダメだな」ということがあれば、「次はどうしたらいいのか・・・」と考える。こうした毎日の積み重ねによって一歩ずつ知識と経験を積んでいます。

 私の1日のスタートはこれで始まります。『第一衛材オリジナルの体操、みんなで掛け声をして気合を入れる!!』正直なところ眠たいですけど、「今日もガンバロー」と言う気持ちに切り替え、仕事に取り組むようにしています。

今、仕事の流れの概略は掴んだと思います。しかし、詳細は一つ一つ経験するまで分かりません。その調子で積極的に挑戦していきましょう!!

開発事業本部 企画推進課  藤原


2012年2月1日

次へ

 

ページのTOPへ